コラム

善人と悪人 ~ 清廉潔白ではいられない

善人と悪人 ~ 清廉潔白ではいられない

善人と悪人

何か事を興したり成し遂げたりするには、様々な障害が目の前に壁となって立ちはだかり、それを乗り越えたりぶっ壊さなければならない。それはそれは並大抵の努力だけでは突き進むことができない。そんな時、もしあなたならどうする?というお話。

目の前に立ちはだかる壁。例えばそれは、固定観念、既成概念と言った前例がないという抵抗だったり、既得権のように、これで食べてんだから、このルールを変えるなど言語道断、まかりならん!というものなどが上げられる。権力を持った人やそれを取り巻くグループや団体、企業でも政治でも何でも壁は存在する。

この壁を崩すのは容易なことではないし、崩せる人物もごくごく限られる。リーダーと呼ばれる存在だ。
普通にやっていては壁は崩せないし、あの手この手でこちらを篭絡しようとしたり分断させようとしたり、失脚させるためにありとあらゆる手段を講じてくる。
リーダーはそんなことにもめげず、強靭な精神力で立ち向かわなければならない。

リーダーは清く正しくたくましく、清廉潔白で純粋な人。そうじゃないといけない、そうあるべきだと思っているんじゃないだろうか。
でも自分のことを棚に上げて、リーダーにそれを求めるって、ちょっと都合良すぎやしませんか。
因みに僕は清廉潔白とは程遠いというか対局に近いと思うし、沢山、スネにキズを持つ身ですから、清濁併せ吞んでる。
他のリーダーにも、そういう人が望ましいって思ってる方だし、そういう人の方が粋に感じる。

前述したように、事を成すには壁があり、それを崩すのは容易じゃない。どんな手を使ってでも阻止する輩も居るし、いろんな手段で妨害工作をされる。
そりゃそうだろう。逆の立場なら、自分の食いブチが奪われようとしてるのだから、それを死守しようとするのは至極当然。汚い手を使ってでも退けようとするだろう。

そんな相手に、清く正しい正攻法で跳ねのけることが果たしてできるだろうか。
改善するというお題目があれば「善」になるから、旧体制を守ろうとするのは「悪」になる。
「悪」の方は存続をかけて知恵を絞り、これでもかというくらいアクティブに動くことだろう。

では何故これまで旧体制を変えられなかったのか。
それは悪の方が生き残ることに貪欲で、そうすることが彼らにとっては正しい行為だと信じていたから。
お互いが義は我にあると思っているとしたら、これに対抗するには目には目をで挑む他ない。

僕は時代劇の中で「鬼平犯科帳」が、いや、主人公の長谷川平蔵が粋でとても気に入っている。
この人は正に清濁併せ吞む男で、盗賊にも理がある時は粋に計らう。
そういう物語が沢山あるのだが、『 善人と悪人 』について真理だなぁと思った話をしよう。

「谷中・いろは茶屋」という話の中で、こんなフレーズが出てくる。

人間、働きながら遊ぶ生き物さ
悪い事しながら ついつい善いこともするし
善いことをしながら それと気付かず悪いこともする
そういうものさね

悪い人じゃなければ 商売は務まらないんだよ

どういうシチュエーションのセリフかは実際にドラマでもアニメでも本でも見ていただきたい。

悪事をするのは悪人か

悪人や悪事を推奨するわけじゃないが、悪いことをする奴の方が、いろいろ考え、策をめぐらせ、次から次へと思いつく。
経験がある人も居るだろうし、営業行為と詐欺行為だって紙一重。その気にさせるという点で違いはない。
悪い人じゃなければ商売は務まらないって言われりゃ、そうかも知れないなって思う人も少なくないはず。
相手の嫌なところ、痛いところを突いてくるのは営業でも交渉事でも常套手段。
有利に事を進めるには、そういった駆け引きも必要だからだ。

そんな悪人でも、既得権を守ることで従業員の雇用を守れたり、その地域に貢献してたり、儲けた一部を寄付したりなどして、全体を見れば善いことをついついしてる。

逆に善人でも、正しいことをすることで誰かを傷つけたり、路頭に迷わせたり、儲からず借金を重ねたりで、全体を見れば、それと気付かないうちに悪いことをしている。

正に真理だ。
他の誰かが悪人だと言っても、別の誰かにとっては善人だってこともある。
どちらもある側面を見た印象に過ぎないわけで、ホントに大事なのは何を成し遂げなければならないのか。
成し遂げるためにどういう手段で、どういう成果をもたらさなければならないのか。
決してキレイごとでは成立し得ない。

相手の嫌がる事、痛いところを突いていくのも、作戦の一つとして持たなければならない。
そういう覚悟もなくリーダーになれば、着いていく人が不幸な結果になるし、目的が達成されなければ、信じていた多くの人達が期待を寄せていた分、落胆が大きい。

成功するリーダーの多くは、率先して憎まれ役に徹している。
一点突破するには劇薬が必要な時もある。意図的に爆弾を落とすこともある。
憎まれ役を一身に背負えば、それで全体が纏まる。
悪人は自分だけでいい。もしかしたらそう思っているのかもしれないし、根っからの悪人かもしれない。

強いリーダーがトップダウンで事を進めるのは、ボトムアップでみんなの意見を集約しても物事は進まないと知っているから。
みんなの総意と言えば聞こえはいいが、その中身や実態は目的が薄まってしまった中途半端でいい加減なもの。
物事が進まずに不満が出てきた時、誰かを悪人に仕立て上げないと纏まらない。それが集団心理だから。

結局、味方の誰かを悪人に仕立て上げなければならない。
そんなリーダーは清廉潔白の善人と言えるのか。
リーダーとして、それは正しい行為と言えるのか。

どうだろう。少しはリーダーに求めるモノ或いは一見悪人と思える人に対して寛容な気持ちになっただろうか。
全体の経緯や成し遂げた結果で判断しようと言う気持ちになったとしたら、このコラムの意義はあるだろう。
みなさんの関わるプロジェクトや事業などが、もっともっとうまく回るようにと期待せずにはいられない。

ところでみなさんは、悪人?それとも善人?

善人と悪人

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~

Tagged , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA