コラム

オッカムのカミソリ ~ よりシンプルな選択

オッカムのカミソリ ~ よりシンプルな選択を

オッカムのカミソリ

人生は度々「道」に例えられる。この道は険しいのか、正しいのか、このまま進むべきなのか…仕事でもプライベートでも選択を迫られることがあり、人生の岐路に立たされる。今回は、人は誰でも決断しなければならない時が来るというお話。

僕は自分の視野が狭くならないように、定期的にメンバー以外のクリエイターやエンジニアと交流するようにしている。
交流する時いつもクリエイターやエンジニアに感じる不安や迷い。特にフリーランスは普段、独りで活動していて同業者との交流が少ないので、誰かに相談したり吐きだせずにため込んでしまう人が結構多くて、不安や迷いが言葉の端々に窺がえる。人によってはそういう思いが顕著に出ていて「この人大丈夫かなぁ」と心配になっちゃうレベルの人も居る。

会社に勤めている時は、上司や会社が判断して命令を下すので、自身が決断する機会が少ないから気付かないだろうが、フリーランスや起業すると、すべてを自身で判断しなきゃならないし、その選択が進路を左右することもあるので立ち止まってしまう。二の足を踏んでしまうのも無理もないが、決断しないと先に進めない。そういうジレンマの中で、自身が如何に優柔不断かを思い知らされる。

いろんなシーンで決められない人にアドバイスを求められた時、僕は『 オッカムのカミソリ 』の話をする。
『 オッカムのカミソリ 』とは、14世紀のイングランド、オッカム(地名)の神学者で哲学者の ウィリアムが提唱した原理で、

(原文)
必要が無いなら多くのものを定立してはならない。
少数の論理でよい場合は多数の論理を定立してはならない。

というもの。
これだと何のことやらさっぱりなので、もうちょっとわかりやすく嚙み砕いて言うと、

ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない
(物事をシンプルに捉えよう)

 

という考え方だ。

迷ったときは、よりシンプルな方を

つまり “ Simple is best! ”

例えば、ある問題を解決しようとする時、”A”と”B”という選択肢が用意されてる場合、よりシンプルな方、直感でそう感じる方を選べと言うこと。

迷って選択できないのは、物事を複雑に考え過ぎているからで、多くの場合、それは意味のないことだというのが『 オッカムのカミソリ 』の本質。

先のようにAとBで例えるなら、”A”と”B”という選択肢に、さらに”C”という選択肢を加えるようなもの。
問題解決の本質は、AかBかを選べば済むことなのに、余計なことを考え過ぎて本質からズレてしまう。
物事を複雑にしているのは自分自身なのだ。

問題をより複雑化させれば不確定要素が増え、いたずらに時間が引き延ばされ、問題を悪化させるばかりか手遅れになることだって考えられる。

これってデザイン案によく似ている。
“A案”と”B案”の提出を求めらて提出すると、それを元に”C案”を要求され、最終的に出来上がったものはAでもBでもCでもなくDだった…みたいな。

結局、選択肢が多くなればなるほど人は決められない。
余計なものはカミソリで削ぎ落し、シンプルに、直感に従って決断を下せばいい。

いくら考えたって答えが出ないものはある。
どういう選択が正しいかなど、その時点ではわからないし、どちらの道が正しいかを試すこともできない。
もし、こっちの道を選んでいたら世界はこう変わっていた、なんて比較することもできない。
 
問題に直面したときに、いろいろ考えて、検討やシミュレーションして、思い悩む時間は、問題解決のプロセスとして重要だし、必要な時間だとは思う。
何も考えずに雰囲気やノリで決めるべきものではないが、いつまでも考えるばかりで決断を下さず、放置しておくわけにもいかない。

いずれにしても、いつかは決断しなければならない…。

迷った時は、この『 オッカムのカミソリ 』を思い出して欲しい。
自分を信じて、余計なものは削ぎ落として、よりシンプルな道を。

オッカムのカミソリ

というお話でした。

Tagged , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA