コラム

作業興奮 ~ やる気はあとからついて来る

作業興奮~やる気はあとからついて来る

作業興奮

遣らなきゃいけないことがあるのに、なかなかヤル気が起きない。身が入らないというか、気分が乗らないというか、とにかく気ばっかり焦ってしまう。今回はそのものズバリ、やる気のお話。

例えば、構成案や提案書を書かなきゃいけないのに、気がつけばTwitterやFacebookを開いてついついつぶやいちゃったり、そろそろ晩御飯の準備や買い出しに行かなきゃいけないのに、TVやDVDとか見始めちゃったり…多かれ少なかれ、こういう経験は誰にでもあるだろう。

多くの人がこういう経験をしてるってことは、これには何か心理的な現象があるに違いないと思って調べてみると案の定、ズバリのものを見つけた。

ドイツの精神科医、 エミール・クレペリンは、この現象についてこんなことを言っている。

やる気に関係している脳の部位に「側坐核」というものがあり、側坐核は心でいくら強く思っていても動き出してはくれない。
側坐核が働くようにするには “とりあえず遣る” ことだ。
とりやえず遣ることによって側坐核は刺激され、やる気が出てくる。

この現象のことを『 作業興奮 』と言うんだそうで、やる気が起きないときには「あとで遣る」んじゃなく、気分が乗らなくても「とりあえず遣る」ことで、やる気が生まれるんだとクレぺリン氏は言っている。
これまでは、やる気になってから作業を始めるとグングン捗るもんだと思っていたことが、実は逆でイヤイヤでも始めろってことに、ちょっと驚く。

まぁ確かに、やる気さまをお待ち申し上げても、いつまで経っても気まぐれで訪れてはくれないし、どんどん後回しになっちゃって進むものも進まず、結局遣ることが山積みでテンヤワンヤになってから渋々遣るのが現状だ。
やる気なんか後から追い付いて来るもんだって考え方は新鮮で斬新だ。
出不精で出掛けるまでは気乗りしないが、いざ出掛けてしまうと楽しくなって満喫して帰ってくる行動によく似ている。

ヤル気スイッチはon/offみたいなものを想像していたが、モーター式というか自家発電式というか、自転車をこぎ始めると発電するような仕組みなんだと知って、少し気が楽になった。

因みに頭には「百会(ひゃくえ)」というリラックスさせたり集中させるツボがある。つむじのある場所じゃなく、左右の耳と眉間の延長線上の交わるところにある柔らかいところがその百会らしい。気休めにマッサージしながらタスクの一層に努めて、いや一緒に努めよう!

さぁ、気分的に軽やかになったので、ゆっくりゲームでも始めるとするか…な

作業興奮

というお話でした。

Tagged , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.