コラム

天文学者 ~ 近くの現実、遠くの未来

天文学者 ~ 近くの現実、遠くの未来

天文学者

フリーランスやクリエイターにとって、これから先のことを考えると不安だらけになる瞬間がある。それを打ち消すのは明るい未来という妄想。つまり夢や希望、目標。しかし遠い夢ばかりを妄想していると、文字通り落とし穴が待っている。バランスというお話。

つい最近、イソップ寓話に出てくる『 天文学者 』という話を目にした。が、この話、普段から気に入らないと思ってる人にイヤミを言うだけの話。
思わず何度も読んでるうちに、ある思いが浮かんできた。

ある天文学者は、夕方にいつも出かけて星を観察することを習慣にしていた。ある日、すっかり空に気をとられていた天文学者は、うっかり井戸へ落ちてしまった。
 「おーい、助けてくれ。何とかしてくれ」と泣き叫んでいると、通りかかった人がその声を聞きつけて井戸を覗いてみると、天文学者が井戸の底に落ちていたのを目にしてこう言った。
 「これはこれは学者さん、あんたは空にある物はよく見えるのに、地面にある物は見えなかったのかい」

天文学者は普段、自分は大きな事をやっていると得意になって威張り散らすくせして、毎日の暮らしの中のごくごく当たり前の事が出来ないのか?という、皮肉たっぷりな話だ。
何かに突出した芸術家タイプに多いね、こういう人。普段偉そうなことを言っちゃってるけど、人としてはダメダメ、みたいな・・・要するに傍から見るとバランスが悪い訳。
そういう人だからこそ、専門分野では驚くような発見や発明などの成果をあげられるのかも。

ウチの制作制作ユニットも、専門的に極めて欲しいという願いから完全分業制をとっているが、もし仮にそれぞれがこの天文学者のようだと痛し痒しだ。

近くの現実と遠くの未来

普通にこの寓話を読むと、教訓も何もないようにも思えるが、今回はちょっと深読みをしてみよう。仮に星空を目標や夢、希望に例えると、こういう感じになる。

あるクリエイターは、時間ができるといつも目標や夢について思いを馳せて妄想していた。ある日、遠い夢や目標に一日も早く辿りつくために邁進していると、うっかり目の前にある問題に気が付かずにトラブルに巻き込まれてしまった。
 「おーい、助けてくれ。何とかしてくれ」と泣き叫んでいると、通りかかった別のクリエイターがその声を聞き駆けつけて事情を聴いた。
そして、そのクリエイターはこう言った。
 「これはこれは、クリエイターさん、あんたは遠い夢や希望はよく見えるのに、目の前にあるトラブルや問題は見えなかったのかい」

ちょっとゾッとしたでしょ。
字面だけ見ると夢見がちの人に見える。
人が成長する上で夢や目標は必要不可欠だが、その夢や目標を達成する道のりは今現在立っている道の延長線上にある。
だとしたら、遠い先だけを見ているのではなく、目の前の状況や自分が成し遂げるべきミッション、問題点の修正などを行わない限り、夢や目標まで達成することはない。

今やるべきことと夢や目標をバランスよく保ち続けることが明るい未来に一番の近道なのかもしれないと、ふと考えさせられる夜だ。

天文学者

というお話でした。

Tagged , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください