コラム

間歇強化 ~ たまにだからうれしい

間歇強化 ~ たまにだからうれしい

間歇強化

何かに「ハマる」。短期間ハマるモノ、長期間ハマるモノ、いろいろあるが、今回は使い方によっては大変なことになっちゃう話。ハマるというお話。

この「ハマる」は『 間歇(かんけつ)強化 』という心理原則によるもので、使い方を誤るとヤバい。
そうは言っても、人の気持ちはなかなかコントロールできず、意図せずハマっちゃうこともある。

さて、この間歇強化(部分強化ともいう)、解説する上である有名な実験があるので先に紹介しておく。
その実験とは、アメリカの心理学者バラス・フレデリック・スキナー(Burrhus Frederic Skinner)が行ったスキナーの実験というもので、実験の内容はこんな感じ。

レバーを押すと餌が出てくる装置Aと、レバーを押したらたまに餌が出てくる装置Bを使ってマウスの実験を行った。
実験は何回かレバーを押した後に、どちらも餌の供給を止めるという条件で行われた。

装置Aのマウスは、連続で出ていた餌の供給が止まると、お腹が空いたときだけレバーを押した。
装置Bのマウスは、全然餌が出てこなくなったので、レバーを何度も押し続けた。

この実験から、毎回もらえる報酬よりも、たまにしかもらえない報酬の方が熱中しやすいという結果が出た。

スキナーの実験は何度も行われていて、マウスだったり鳥(ハト)だったり、いろんな動物実験が紹介されているが、いずれも実験結果としては同じ。

さて、この実験でわかることは、毎回同じ条件下で定期的に出てくる餌よりも、不定期に出てくる餌の方が魅力的に感じるということ。 

実験からもわかる通り間歇強化とは、確実に報酬をもらえる時より報酬がもらえる頻度が少ない時の方が、報酬をもらえたときの快感が反比例して大きくなり、結果として、その余韻を味わうために何度も何度も継続してしまうという心理原則。言葉にするとちょっと怖い。

例えば恋愛の話で言うと、毎日、毎回、優しい人よりも、たまに優しくされたり、たまに無視されたりする方が気になってしょうがない。
ツンデレは正に、他の人には見せない面を2人キリの時たまに見せてくれることが、とても嬉しく感じたりする。
あるいはドSが見せるMの部分とか…

他にも、普段元気なのに、たまに元気がない姿を見ると凄く気になっちゃうとか、普段不愛想なのに、目が合ったときニコッとされると勘違いするとかとか。

反作用は命取り

でもこれ、気を付けないと逆に作用することもある。
一番わかりやすい例としてはギャンブル。
競馬でもパチンコでも何でもそうだが、毎回当たらない所に常習化に陥る罠がある。
たまにしか当たらないが、当たった時のリターンが大きいので、その分、喜びも大きい。

ビギナーズ・ラックなんて起ころうもんなら、次は当たる、次は当たると、装置Bのレバーを何度も何度も押しちゃうだろう。

ゲームにも同じ効果が。次はクリアする、次こそはと夜更かしする…正にギャンブルと同じ理屈。
クレーンゲームなんかも、惜しければ惜しいほどつぎ込んじゃう。
獲れたとしても、そのぬいぐるみは高くつくだろう。
ガチャガチャもそうかも。

そういうのにハマると、下手したら生活にも影響しちゃうし、最悪、身を亡ぼすから怖い。

仕事ではどうだろう。
よいリーダー、よい指導者、よい先生は、たまにしか誉めない。
いろんな指導書的な本には効果が薄れるから毎回誉めるなと書いてある。
たまにしか誉めないから、誉められた時は嬉しいし、誉められなかった時は、誉められたいと思うから次は頑張るという心理が働く。

でも、忘れちゃいけない。
スキナーの実験のように、天性の素質で装置Bを操ったり、悪用してと言うと語弊があるがこの装置を利用したサービスが実在する。
僕らは知らないうちにその装置の中で一喜一憂しているということを。

このまま終ると後味が悪いので最後に時節ネタ。
今月はバレンタインデーがもう直やってくる。
好きな人が居る人は、普段あまり見せないツンデレのデレの部分を見せてあげよう。
きっとうまくいく。

アタックする人は健闘を祈る! 
賭けと似ているがギャンブルじゃないのでダメなら諦めて、決して何度も装置のレバーを押さないように。
玉砕しちゃったら呑みにでも行こう!

間歇強化

というお話でした。

Tagged , , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください