コラム

世界を救った男 ~ 称賛された独断

世界を救った男 ~ 称賛された独断

世界を救った男

現代社会はコンピュータと人間との融合によって成り立っている。効率を考えるとルーティーンの作業などはコンピュータが欠かせない。しかし一方で、そのコンピュータに不具合があった時、相当な混乱を招く危うさもある。今回は独断と直感というお話。

僕たちは生活や仕事の一部として毎日コンピュータと向き合ってる。
機械だから故障や不具合が起こることも理解してるし、一応念頭に置いてそれなりにメンテナンスもしているから、安心して信頼して日々コンピュータと向き合っている。
 
先月、元ロシア人将校の男が亡くなった。
米ソ冷戦時代、何もしなかったことで世界を核戦争から救ったソ連軍将校が居たことをご存知だろうか。
スタニスラフ・イェフグラフォヴィッチ・ペトロフ(露:Станислав Евграфович Петров,1939年-2017)中佐。ペトロフ中佐の担当任務は、核攻撃を人工衛星でいち早く察知するための監視、上官への報告だった。

折しもソ連軍は僅か3週間前にソ連領空を侵犯した大韓航空機を撃墜し、乗員乗客269名全員が死亡するという事件を起こしていた。
この事件で乗客の多数がアメリカ人だったため、両国が緊張状態にある最中の任務だった。

1983年9月26日0時40分、コンピュータは米国からソ連に向けて飛来する一発のミサイルを識別。
通常の手順であればコンピュータシステムが識別した情報、つまり米国の核ミサイル攻撃の可能性を上官に報告するべきところだが、ペトロフ中佐はそうはしなかった。
独断で報告せずにやり過ごしたのだ。なぜか。

もし米国軍が核攻撃を仕掛けるとすれば、ソ連を壊滅させるためにもっと多くの核ミサイルで攻撃してくるに違いない。
先制攻撃でたった数発の核ミサイルを撃ち込んでくることなど通常は考えにくい。
だとしたら、これはコンピュータシステムの誤動作によるものだ。

ペトロフ中佐はこう考えたため何もしなかったのだ。

人工衛星システムは以前にも誤警報を発令していて、ペトロフ中佐はその信頼性を疑問視していた。
しかし、米国軍がミサイルを発射していないという根拠はこれだけ。レーダー監視では、地平線の向こう側から発射されても感知できず、気付いたときには数分後には着弾してしまう危険がある中で、ペトロフ中佐はコンピュータのエラーだと判断したわけだ。

称賛される独断

ペトロフ中佐が上官に報告したかしなかったかは諸説あるようだが、軍人として逸脱した行動だと、この後糾弾されてペトロフ中佐は軍をあとにすることになる。

ここに葛藤が生まれる。究極の選択と言っていいだろう。

もしペトロフ中佐が誤って本物の攻撃を誤報と勘違いしていたとしたら、ソ連領内に何発かの核ミサイルが直撃しただろう。

もしペトロフ中佐が米国軍のミサイルが飛来中だと通報していたら、上層部は米国に対して壊滅的な攻撃を発動し、それに反応した米国軍からの報復攻撃を招いていたかも知れない。
第三次世界大戦が実際に勃発していたかもしれないのだ。

ペトロフ中佐は自身の直観を信じ、システムの表示は誤警報であると宣言した。
その直観は後に正しかったことが証明されたが、一瞬の判断だったに違いない。

僕たちは日頃、コンピュータを疑うことなく、はじき出した結果を信頼して業務にあたっている。
いちいち、それを疑っていたら仕事にならないし、コンピュータがミスする確率と人間がミスする確率を天秤にかければ、或いは作業効率や処理能力を考えれば、コンピュータは概ね信頼に値する。

コンピュータは道具に過ぎない。快適に暮らしたり、仕事を楽にしてくれるツール。
でも、そのツールを創るのも使うのも僕たちで、過信すると痛い目を見る。
メンテナンスやバックアップは使う側の人間が行い、操作するのも人間だということを忘れてしまうと、時に残酷な結果が待っていることも。

例えば身近でよくあるのが、作業データーのバックアップを怠けていたら、PCがフリーズしたりシャットダウンしたりしてデータが水の泡と消えるとかとか。

ペトロフ中佐は、ツールとしてのコンピュータとの付き合い方を暗に教えてくれた。
コンピュータが遣ってくれるから、考えなくても判断しなくてもいいということはない。
ペトロフ中佐は、これまでに聞いていた情報や現状を踏まえた経験則で誤警報だと判断した。

軍の規律を破り、直感に頼らざるを得なかったことについては運用上の別の問題として残るが、いずれにしても、たまたまだったにせよ結果としてペドロフ中佐の判断は正しかったし、世界が核を浴びずに済んだことは称賛に値する。

退役したのちにペトロフ元中佐の功績は、米国で二度も特別世界市民賞として表彰され、ドイツでも国際ドレスデン賞として表彰された。

僕らは世界の平和を左右するような任務ではないが、30年以上前に起こったこの事件を目にして、コンピュータとの関わり方について改めて考える機会をくれた、ペドロフ元中佐に哀悼の意を表する。

世界を救った男

というお話でした。

Tagged , , , , , , , , , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください