コラム

壁と釘 ~ 諸悪の根源

壁と釘 ~ 諸悪の根源

壁と釘

指示通りに仕事をしていても、時に理不尽な要求や要望を受けるときがある。その相手は上司だったり、クライアントだったりと様々。諸悪の根源というお話。

どんな仕事でも一人でやってるわけじゃない。そこには必ず上下の関係が出来てしまう。会社であれば上司と部下の関係、フリーランスであれば発注者と受注者の関係。
いずれも指示する側が上に立つという構図。

制作の仕事をしていると、事前に確認したにもかかわらず、相手の勝手な都合や言い分で、あっさりひっくり返されることもある。こんな経験した人も多いはず。
理不尽な要求に腹を立て、あまりに酷い場合は文句や抗議をいう事もあるだろう。
僕もこれを書きながら過去を思い出すと、ちょっと興奮してイラつく。

でも果たして、その文句を言う相手はホントに正しいか?
イソップ寓話に、こんな話がある。

ある時、乱暴に釘で穴を開けられた壁が、釘に対してこう叫んだ。
「どうして、ぼくはきみに何も悪いことしてないのに、きみはぼくに穴を開けるの!」

すると釘はこう言った。
「きみをいじめているのは、ぼくじゃないんだよ。ぼくのお尻をガンガン叩く奴が悪いんだよ!」

あ~確かに・・・って思った人、多いだろうね。つまり、直接指示をしている人が諸悪の根源とは限らないわけだ。
指示をする上司やクライアントの担当者は、誰かの指示でそうしているのかもしれない。

もしそうだとしたら、その上司や担当者は伝言ゲームをしているだけで、意見を言う事も考えることもしていないことになる。
「いいから言われた通り遣れ」って言う人はまさにこのゲームのプレイヤーで、しかも、このプレイヤーは伝言を一方通行でしか伝える機能がないので、こちらの要望や要求、提案もひっくるめて建設的な事は何一つ伝わらない伝書鳩。

しかし文句や悪口、反発だけはどういう訳か伝わる。そういう意味で、壁と釘、ハンマーに例えたのは素晴らしいと思う。
釘はまさに尻を叩かれるまま壁を攻撃し続け、壁が反発すれば釘が入って行かないことがハンマーにも伝わる。

なるほど、よくできた例えだ。でもよく考えてほしい。
反発が伝わればより大きく強い力で叩いてくる。
そうなればコチラのダメージも半端じゃない。

優秀な人から辞めていく

話がちょっと反れるが、仕事ができる人って状況判断がしっかりとできて、しかも速い。
最初はまず正しくないことについて反発してみて、釘やハンマーがどう対処するか見る。
何度か繰り返すと対応は見えてくるので、この状況は変えられないという結論に至ると、ある程度のところで反発することを辞める。

つまり見切りをつけて別の環境に移ろうと準備を始める。
だから仕事ができる人から順に辞めていったり、腕のいい制作会社はどんどん手を引いていくわけだ。

そんなところに集まる壁はスキルも経験も実績もない薄い壁ばかり。
打てばひび割れる様なものなので、ひび割れたら使い捨てて、また新しいベニヤ板を探して使い捨てるというサイクルの繰り返し。
釘やハンマーはベニヤでも何でも叩ければいいので、叩いているうちは、どういう状態なのか判ってないので、自浄作用など働くわけがない。
こうやってブラック企業の予備軍が出来上がる。

冒頭の話に戻すが、「諸悪の根源」であるハンマーに直接、言える状況の時は直接言うべきだが、そうじゃない状況の時は、感情に任せて釘に文句言ったり苦情を言うんじゃなく、一旦飲み込んで考えてから行動すべきだ。

どちらにしても、気まぐれや考え無しに壁をエグッって来るような環境で、楽しく有意義な仕事が続けられるとは思えないし、そんなの長く続くわけがないのだから、放っておいても関係は崩壊する。
みなさんが何もレベルを下げて釘やハンマーと遣り合わなくても、適当なところで手を引けばいいのだ。
 
適当なところとは、スキルや経験、実績など、今の環境で得られるまでということ。得るものがなくなったら、これまでの分を正当に倍返しした上で、次のステージへ進めばいい。
それになるべく早く気付いて、潰されてしまう前にクリエイターやエンジニアのみなさんには、正しい行動をとってもらいたいと切に願っている。

最後に、釘やハンマーのほかに、打ち付ける人が居ることを忘れないで欲しい。
打ち付ける人は差し詰め、業界とか慣例とか、目に見えない敵と言えるかもしれない。

壁と釘

というお話でした。


Tagged , , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください