コラム

パブリック・コミットメント ~ 思ったことは口に出す

パブリック・コミットメント ~ 思ったことは口に出す

パブリック・コミットメント

以前、「 一年の計 」という話を書いたが、計画は公表した方がもっともっと効果があるよって意味深なことを書いたのを思い出したので今回は公言というお話を。

これまでにも何度か話してきたが「思ったことは口に出す 口に出したら行動する」ってのが僕のポリシーなんで、実践してるし、近くに居る人にも推奨してる。まぁ、やるかやらないかは本人の勝手なので、動きもしないのにギャーギャー、ブツブツ言うなってことなんだけど、これって僕の勝手な思い込みや持論の押し付けじゃぁない。実はちゃんとした根拠に基づいて口走ってる。

パブリック・コミットメントって言葉を聞いたことあるだろうか。
公的機関が広く一般大衆の意見を募ってるわけじゃない…それはパブリック・コメント。
パブリック・コミットメントとはザックリ言うとこんな感じの心理学用語。

 
自分自身で公言すると、その発表した内容に責任を持とうという心理的バイアスが働き、実現のために行動を起こす確率が高くなる

というもの。

なので、思っているだけじゃなく、誰かに、それも複数、人が多ければ多いほど、公言することで引っ込みがつかず遣るしかなくなる訳だ。
実現する可能性がググッと上がるという点で僕は推奨する。

やっぱり周りの人に話したら、言った以上は何らかの成果を上げたい思うのが人情。
口に出したことで、しっかりやらなきゃなって思うのは頷ける。

更に公言にはもう一つ効果があると思ってて、心理学からはちょっと離れるが、公言することによって周囲の人に「そうなんだぁ、そういう目標があるんだぁ」って周知される。
すると、それを知った人たちが、何かの機会にそれを思い出し、繋いでくれるキッカケをつくる可能性が出てくる。
つまり聞かされた方も「協力してあげよう」みたいな気分になると勝手に解釈してる。

ピンと来てない方に、具体的にパブリック・コミットメントの例を挙げてみよう。

  • 結婚式で多くの参加者の前で誓いを立てると離婚率が下がる
  • 多くの友人や家族、親類に恋人を紹介しておくと結婚の確率が上がる
  • いついつまでに〇円お金を貯めると宣言すると期日より早く目標金額の貯金に成功する確率が上がる
  • 友達同士で〇kg痩せるとお互いに宣言するとダイエットに成功する確率が上がる
  • 志望校をなるべく多くの人に宣言しておくと合格率が上がる

などなど、様々な実験結果で効果が出ている。
もちろん、その他の条件や要素で確率が上がった可能性も否定しないし、何より「どのくらい本気?」で「どうやって?」っていうことが、無理なく継続できる方法や計画であることが成功率に大きく影響する。

例えばダイエット。
周りの人に宣言しても5~15%程度の人しか効果が出ないという結果もあるし、志望校も到底無理な状況なら確率は大幅に下がる。
政治家が選挙公約を掲げていても実現できないのは、こういった無謀な公約の実例と言える。

節目節目で計画を立てたり見直すってことと、それをみんなの前で公言し、実現に向けて動き出すという一連の行動が伴ったとき、有意義に過ごせる環境を手に入れられるんだろう。宣言するのは怖い事だし勇気が要る。しかし計画の大小は関係ないので、短いスパンで達成可能なことからチャレンジしてみてはどうだろう。
一日一善もパブリック・コミットメントの一つ。

みなさんは今年の抱負を宣言しただろうか。

ある人はスキルアップ、ある人は進路変更、ある人は売上向上や取引先の拡大などなど…

ちなみに僕は、年内に「移住できる物件を見つけて移住する」ことと「クリエイターやエンジニアを現状の倍の数に増やす」こと。

どんな公言であっても、みなさんの計画や目標が叶うことを願っているし、協力できることがあれば協力したい。

パブリック・コミットメント

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~

Tagged , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください