コラム

報・連・相 ~ ホントはそういう意味じゃなかった

報・連・相 ~ ホントはそういう意味じゃなかった

報・連・相

いつのころからだろう、僕が社会人として世に出たとき、いや学生の頃だったか、当たり前のように、この『 報・連・相 』という言葉が社会人の常識として、いろんな大人から聞かされてた。それを聞かされる度に社会人ってメンドくせぇなぁ~って思ったものだ。今回は職場環境というお話。

知らない方のために『 報・連・相 』っていったい何かっていうと、

報告 - 上司の指示命令に対して、その結果を報告する

連絡 - 上司だけでなく、部署内での作業や状況を連絡する

相談 - 独断ではなく周囲に判断を仰いで相談する

それぞれの頭を取って『 報・連・相 』がスムーズな業務遂行にあたって最低限知っておくべきルールとして定着してる。

しかし、僕自身は誰かに対して、この『 報・連・相 』を求めたり、強要した記憶がない。
だって考えてみたら、おかしくない?

一見すると当たり前のようにも感じるが、イチイチこんなことを言われなきゃできない奴が世の中にはそんなに多いのかと思うのと、そもそもこんなに管理された軍隊の様な環境の中で自主性や独自性が養われるのかと思い、へそ曲がりを発動して『 報・連・相 』っていつ誰が言い出したことなのか調べたことがあった。
するとどうやら『ほうれんそうが会社を強くする―報告・連絡・相談の経営学』( 山崎富治 著)という本に行きついて、この本が元ネタとして広まったことを突き止めた。

そんな記述はない

夏真っ盛りの暑い時期にサボリーマン時代の僕は、クーラーの効いてる場所を求め探し歩き、図書館に辿り着いた時の事、このことを思い出して本を探し出して、涼みながら読み始める。

ん~…ない…そんな記述が…どこにも書かれていない!
みんなが聞かされて、思いこまされている記述がどこにもないのだ。

騙されてた!っていうのを20代の時に知ってたんで、部下ができた時も、独立した時も、フリーランスになってからも、Qriousを立ち上げた後も、他人にそれを強要したことは一度もない。

ただ、組織運営をする上で、いつも頭の片隅には置いてあって、職場環境というものを常に考えながら進めるつもりではいる。

誰に向けて、何て書いてあったのか

では、その本には一体なんて書かれていたのか、みなさん気になるだろう。
かいつまんで言うとこういうことが書かれている。

 
人が増えて、組織が大きくなってくると、仕事の進捗も、情報の共有も、社員同士のコミュニケーションもままならない。
この状況は会社にとっても、働く社員にとってもプラスにはならないので、職場の環境を風通しの良いモノにしなければならない。
社員がどういうことで悩んでいるのか、会社として上司として何ができるのかを健全に適切に進められるように、社員から『 報・連・相 』ができる環境づくりをしなければならない。

 

という趣旨で、「ほうれんそう運動」というのをはじめたのがキッカケだと書いてあった。
その本には一つのエピソードとして、会社の福利厚生の仕組みを取り上げ、それが原因で女性社員が入社2年で辞めてしまった話が載っていた。
そういう不満の声が自分にまで届かずに後悔していると書いてあったり。

つまり、新社会人や学生にビジネスマナーとして植え付けるためではなく、会社や上司にそういう環境づくりをしようねって運動が、いつしか社員の締め付けのように誤って使われちゃったわけだ。

言わないとできない奴って確かに一定数存在するし、最近増えてるような印象もあるのでビジネスマナーとして伝えるのもいいが、本来は組織の経営陣や上司にあたる人に向けて、自身の職場が風通しがよく、働きやすい職場になっているかどうか、原点に立ち返ってまず総点検するべきだろうと自戒を込めて努めている。

ブラックは明らかに風通しが悪く、空気が淀み、濁っているのは確かだ。
『 報・連・相 』を強要する時点で軍隊的な締め付けの意図すら感じられるので、自発的にそれができる環境って言うだけでホワイトな印象はある。

でも一方で、何でもかんでも上の判断を仰ぐ社員もどうなのか。
自分で判断できず相談相談、イチイチそんなことまで報告も連絡もいらないからって奴が、何年か後に上司になるとしたら空恐ろしい。

どちらもバランスや程度の問題なのだろうが、少なくとも組織を率いたり、人の上に立つ者は「ポパイ」のように不死身で力強く、女性に優しい人であって欲しい。

なんでポパイって「ほうれん草」と言えばねぇ。ある年代以上の人ならみんなそう言うでしょう。

報・連・相

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~

Tagged , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください