コラム

ライナスの毛布 ~ よりどころを見つけよう

ライナスの毛布

ライナスの毛布

みなさんは『 ライナスの毛布 』をご存知だろうか。人が愛着を感じて大切にしているモノを、漫画『 ピーナッツ 』に登場するライナスが、いつも肌身離さず持っている毛布に例えて表現したものだ。今回は、よりどころのお話。

ライナスの毛布は「安心毛布」とも呼ばれ、愛着、執着するものがあることで安心できたり、落ち着いたりする。みなさんは、ライナスのように「よりどころ」になるようなモノはあるだろうか。

例えば毛布やタオル、ハンカチ、ぬいぐるみ、拡大解釈すればお守りや大吉のおみくじ、誕生石などもそれにあたるかもしれない。
よりどころを持たない人も、そういう気持ちは理解できるだろう。

永年この仕事に携わっていると、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などでメンタル的に病んでしまう人が、もの凄く多いことに愕然とする。心当たりがある方も多いのではないだろうか。
病気であっても、予備軍であっても、そういう状態から抜け出すのは容易ではない。
そうならないためには、或いは復活するにはどうすればいいのだろうか。

よりどころを見つけよう

ライナスの毛布のように「よりどころ」になる何かを見つけてみてはどうだろう。
それは「モノ」かもしれないし「人」かもしれない。
ライナスの場合は兄弟だったりスヌーピーだったり、毛布だった。

ライナスは『ピーナッツ』のストーリーの中で、何度もこのよりどころに支えられ助けられている。
よりどころそのものが、問題を解決してくれるわけではないが、気持ちを落ち着かせ、平静を取り戻して冷静になれたり、ズルズルいかないようにここ一番で踏ん張って支えてくれたり、時にはヒントをくれたり、公私にわたってサポートしてくれる効果があるように思う。

そう簡単ではないだろうが、クリエイターやエンジニアなど、モノを創造する人が楽しんで制作できない環境で、人を感動させることなど夢のまた夢。
大切なのはそうならない様に、或いはそうなってからでも復活できるような、温かく優しい毛布を持っておくということ。

また「よりどころ」を探してる人が居たら、一緒に探す手伝いや「よりどころ」になるべく、共に活動するなど、周りの人もできることはあると思う。
背負うのではなく、支える気持ちは大切にしたい。

ちなみに、ライナスの毛布はスヌーピーも気に入っていて、ある時、ライナスに内緒でスヌーピーが毛布を持っていってしまう。
それを知ったライナスは、代わりにスヌーピーのお皿を取り上げて、最後はそれを交換して仲直りするという話がある。

むやみに「よろどころ」を奪ったりしちゃいけないね。

ライナスの毛布

というお話でした。

Tagged , , , , , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください