コラム

ダンパー数の定式化 ~ 付き合う数には限りがある

ダンパー数の定式化 ~ 付き合う数には限りがある

ダンパー数の定式化

今やSNSの1つや2つ、やってて当たり前の時代。フォロワーの数を競い、昼夜関係なくTLを追い続ける。そんな人も少なくないだろう。大切な人というお話。

TwitterもFacebookもその他のSNSについても、面倒くさいので他者との繋がりを便宜上、全てフォロワーと表現することにする。

僕は仕事柄、国内外問わずSNSのアカウントを数え切れないほど持っているが、日常的に使っているのはTwitterとFacebookくらい。
やりはじめのころは、フォロワーが増えると嬉しかったり、逆に減るとモヤっとしたりして、人数が多いことはいいことだ!みたいな風潮もあって、なんとなくそれに乗っかって増やす努力をしていた。

元々が緩い繋がりで成り立っているので、繋がったからと言って人間関係が豊かになるわけでもなく、特別、人数が多いことによる恩恵もなく、ただただ実のないやり取りのTLが垂れ流されるだけで暇つぶしの一つでしかない。

しかし、ある時から劇的にその使い方や考え方が僕の中で大きく変わった。3.11、東日本大震災。
まず震災時に携帯の通話はもちろん、メールも繋がらない状態だったときにSNSは繋がっていた。
実際に親しい人や家族の安否確認はすぐにできました。

その後、この業界では一時的に仕事が減る時期がしばらく続いたが、時間ができたことで同業者とリアルに逢う機会が増えた。
そのリアルに導いたツールが他ならぬSNSだった。
リアルにいろんなクリエイターやエンジニアと交流した時に、はじめてSNSを使う意義と正しい使い方を知った気がした。

ただ、ふと気付いた事がある。
不特定多数に伝えたいことがある人にとってはフォロワーが多い方が確率的に効果が出しやすいが、フォロワーとは積極的に絡まず、関わりが希薄な人にとってはフォロワーが増えることでTLに不要な情報が大量に流れる弊害を感じた。

震災以降も余震や台風などの自然災害、TVで話題になった事件などがTL上に流れてくるが、フォロワーが多いとホントに大事な情報が拾いにくくなる。

僕はフォロワーを増やすことを目的としてないので、震災をきっかけに、会話を交わさない人や自己紹介欄に何も書いてない人、自分と無関係の企業や団体、書き込みがない人などをフォローから外してスリム化を図った。

遣り取りできる人数には限界がある

実際にSNSでやり取りできる人数って、感覚的にはせいぜい100人くらいと思ってたので、フォロワーは100人を目安に定期的に整理している。
その代わり、その100人とは機会があればリアルで交流したり、或いは既にリアルで知り合ってる人を対象にしている。

そう思って実践していたところ、先日、あるSNSについての記事が載っていた。
へぇ~似たようなことを考えている人が居るもんだなぁと驚いていたら、ちゃんとした理論が根拠だったので二度びっくり。

イギリスの人類学者ロビン・イアン・マクドナルド・ダンバー(Robin Ian MacDonald Dunbar)は、こう言ってる。

人間にとって、平均約150人(100~230人)が、それぞれと安定した関係を維持できる個体数の認知的上限である

これは『 ダンパー数の定式化 』という理論で知られていて、これを理念として取り入れているSNSが” Path
” (https://path.com/) だ。
世界に1,000万人以上とも2,000万人以上とも言われるPathは、2010年にローンチされたクローズ型のSNSでロビン・ダンパー氏が唱えた平均150人を根拠に、フォロー数を150人と制限しているのが特徴。

Pathのコンセプトは、

Stay connected with family & close friends

家族や近しい友達だけで繋がろうというモノで、本当に大切だと思える人限定で繋がりたいという人にお勧めなSNS。

実際に登録してみて ??? と感じた方が殆どだろう。
まずPCからはアクションを起こせない。
設定はできるがスマホに最適化されたSNSなので、Pathは生活密着型の持ち歩きSNSと言える。

さらにスマホで開いてもどう使うかわからない。
一人で黙々と書きこんだり写真をアップしたりするか、近しい人を招待してお互いの日常を共有するというシンプルなものなので、他のSNSと比較すると拍子抜けしちゃうくらいあっさり。

大切な人とのコミュニケーションに限定するのは他にはない。PathのCEO デイブ・モリン氏は元Facebookの従業員だった。
不特定多数のSNSに疲れちゃったんだろうか。
実際、乗り換えてるユーザーは女性が多く、人間関係が煩わしくなったって人が多いとか。

みなさんはSNSをどういう用途で、どのような繋がりを求めているのだろうか。

僕は人の名前と顔を覚えるのが苦手で、まぁ100人前後なら少し話せば思い出せる範疇かな…いや、50人がいいところか。

今後も100人前後のコミュニティツールとして、TwitterやFacebookでリアルに繋がるコミュニケーションを心がけたいし、繋がってる人は大切にしたい。
少なくとも “One of Then” にはしたくないと思っている。

ダンパー数の定式化

というお話でした。

Tagged , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください