コラム

壱萬円札 ~ 信用と価値

壱萬円札

壱萬円札

以前にもこういうテーマで話したかもしれないけど、タグやカテゴリーじゃないからイチイチ遡るのも面倒だったので、もし被ってたらご愛嬌ってことでごめんなさい。ということで、信用というお話。

今回はお金の話を。と言ってもマネーゲームとか、どうやって稼ぐかって生臭い、胡散臭い話じゃなくて、お金というより『 お札 』の価値についての話。

お札ってよくよく考えてみたら不思議だよね。例えば壱万円札は実際10,000円の価値があるのだろうか。
特殊な紙と特殊なインク、偽造防止の技術は世界トップクラス、選ばれた人だけが製造に関われるお札だが、とは言え壱万円札をつくるのに10,000円も掛かるわけがない。
だからちょっと調べてみた。

 壱万円券:22.2円
 五千円券:20.7円
 弐千円券:16.2円
  千円券:14.5円

これは所謂、減価。正確には平成12年度特別会計予算書に基づく財務省印刷局から日本銀行への引渡し価格。
お札って大体20円前後で作れちゃうわけだけど、僕らの認識は違っている。壱万円札を見たらそれを10,000円の価値があると認識するし、五千円札を見れば5,000円の、千円を見れば1,000円の価値があると共通した認識がある。

人がこれを壱万円と呼ぶから10,000円と認識するのではなく、しかも日本人だけでなく世界の人々が見ても、その国の通貨に換算して同等の価値であることを認めている。
もう一度言う。これって不思議。

何故か…それは信用されているからだろう。

壱万円=10,000円だって日本国が言ってるんだから、それを信じて取引しましょう

簡単に言えば、そういう事だろう。

実際、インフレが続けば価値が下がるし、国が財政破綻すれば、このお札は紙切れ同然になる。要するに信用を失うわけだ。

この業界の価格、値決めにも同じことが言える。
例えば、同じ制作案件をフリーランスAに依頼したら、概ね業界標準の適正価格20万円を提示した。
一方、別のフリーランスBに制作を依頼したところ10万円と提示された。
当然ながらクライアントはフリーランスBを選ぶだろう。

さて問題はここから。
一見、フリーランスAが価格競争で負けた様にも見えるが果たしてそうだろうか。

フリーランスAが提示した20万円という金額は、通常であればこれくらい掛るだろうという、業界的にも妥当で適正と言える金額。
一方、フリーランスBが提示した金額は、その適正価格の半分で安請け合いした事になる。

ちょっと考えてみて欲しい。
AもBも自分の意志で金額を決めた。
同じ規模の制作案件ならば何回頼まれても、それぞれAは20万円、Bは10万円で請け負うだろう。
つまりAもBも共に、この時に自分の価値を自分で決めたということになりはしないか?

その後についてシミュレーションしてみよう。

フリーランスAは、仕事が取れたり取れなかったりするだろうが、常に正当な価格で請けてるから金額的な不満は起こらず、仕事の数も考えた上で値決めしているので、比較的余裕をもってゆっくりと、しかも好きな仕事を楽しみながらできる。
例え急な対応が入ったとしても、慌てること無く対応できるだろう。
クライアントの評価も金額に見合った働き、或いはそれ以上だと上々だ。

一方、安請け合いしたフリーランスBは、他のフリーランスに比べて単価が安いため、仕事はどんどん入ってくる。
しかし、通常単価の1/2で請けているため、単純に倍、仕事をこなさないと生活が成り立たず、もともと金額的に納得しているわけではないので、不満がどんどん募っていく。
数をこなしていかなければならないBは、毎日仕事を抱えることになり、時間的余裕もないし、安くしているだけあって制作内容はそれなり、修正も増えて、急な対応も案件が多いので1つや2つではない。
クライアントの評価もこんな状態なのであまりよくないが、安いってことがあるので、引き続き仕事は流れる。でも同時に要望も多くなり、どんどんその要望がエスカレート。ゆっくり過ごす時間も取れず、だからといって案件を減らせば生活水準も一緒に落とさなければならない。これじゃこの仕事が嫌いになったり、メンタルが遣られてしまう。

フリーランスBは、割に合わないなぁ・・・そうだ!単価を20万円にあげればいいじゃないか!
きっと、そう考えるに違いない。
みなさんもそう思いますか?
もしそう思ったあなた、フリーランスを続けていきたいなら考えを改めなければいけないかもしれない。

それは容易ではないし、できたらみんなやっている。

何故か?

お忘れだろうか?
値段を決めたのは自分自身。
自分の価値を自分自身で決めてしまったのだ。
それを周囲の人がその金額と同等の価値だと認識した。そう、壱万円=1万円と認識したように。
これがフリーランスBに対する評価であり信用なのだ。

フリーランスAは、20万円の価値があると周りが認識したから20万円で取引ができる。その価値を認めてもらえないならAは取引はしない。
一方フリーランスBは、10万円の価値があると周りが認識したから10万円で取引をする。しかし品質に納得できないクライアントは10万円以上の価値を求め始める。だから実際の価値が下がって8万円や7万円で多くのことを遣らされてるような状態だ。
そんな状態だからBが15万円や20万円の価値があると認識されるはずはなく、10万円以上での取引はもうできないのだ。
また、自分の都合で価値を変えようとすれば、それは信用を裏切る行為にもなる。

厳しいことを言うようだが、単価が安いと嘆いているフリーランスは、自分自身が信用度を安く見積もってしまった結果だという事を自覚しなければならない。
クライアントのせいにしがちだが、値決めをして誤った信用を植え付けてしまったのは、他ならぬ自分自身なのだからその責任の一端は自分自身にもある。

正しい信用を手にするためには、全てのクライアントを失い、全ての取引を白紙に戻すくらいの覚悟で望まないと、現状を変えることはできない。

これからフリーランスとしてはじめるみなさんさんは、安易に値引きなどには応じず、のちのち後悔しないためにも、この仕事が嫌いにならないためにも、あくまで正規な価格で受注できるような値決めのセンスと相場観を身に付け、少しでも価値が上るように最大限努めるべきだろう。
信用と価値は比例するのだから。

壱万円札

というお話でした。

Tagged , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください