コラム

老人と海 ~ 目的ではなく手段

老人と海 ~ 目的ではなく手段

老人と海

日々の努力が欠かせないこの業界で、食べてくために必死でいろんな技術を習得しようと脇目も振らずに勉強する。しかし、その技術を習得することがいつしか目的となり、技術を習得したことで満足しちゃうことってないだろうか。ここからが本番というお話。

今回は有名な小説、ヘミングウェイの『 老人と海 』に出てくる内容を、この業界に重ねてみる。
読んだことが無い方のために、かいつまんでみるとこんな感じ。

年老いた漁師は84日間、不漁が続いていた。
助手の少年が用意してくれるちょっとした食事と朝のコーヒーだけで過ごす日々が続く。
その少年も40日を過ぎたころから親の命令で他の船を手伝うことに。

独りになった老人は85日目、ついにカジキマグロを釣り上げるが、仕留めた獲物が大物過ぎて船に揚げることが出来ず、横腹をモリで突いた状態で引きずるように海岸に戻る。

しかし、陸へ向かう途中にサメに何度も襲われ、港に辿り着いた時には巨大で良質なカジキマグロも骨だけになっていた。

何ともやりきれないストーリー。

目的ではなく手段

余裕で一冬越せる大物を久しぶりに釣り上げたというのに、独りでは船に揚げる術が無く、骨を残して船ごと根こそぎサメにもっていかれ、老人にとっては泣くに泣けない気持ちだろう。

冒頭に書いた、技術を習得するため日頃から努力し、アンテナを張って情報収集するのは、食べていくための手段としてやっているのであって、技術習得そのものが目的ではないはず。

セミナーやイベント参加も、参加するだけでは身に付かない。
技術を習得した達成感で、その後、どう役立てていくのかまでは考えず、中途半端なまま、気がつけば手元には何も残らない。そういう状態に陥っていないだろうか。そうカジキマグロのように。 

この物語は、肝心なのは ”それから” なんだと暗に伝えてる。
カジキマグロを釣り上げてからの ”それから”、デザインやコーディングなどのスキルを上げてからの ”それから”、つまり ”それから” どうするかが肝心で、予期せぬ事態だったとしても、その先の新たな挑戦に繋がっていかないと目的は達成されないのだ。

弱い自分を鼓舞して奮い立たせる

他にもこの小説から学ぶことはある。

例えば、助手の少年が不漁になって40日目以降に来なくなってから、老人は独り言が増えていることに気付く。
これではダメだ、全部自分でやらなきゃダメなんだ。

「あの子がついていてくれたらなあ」と、独りで漁に出るようになってから始まった独り言を口にする。
しかし「何を言うんだ、今、お前には少年はついていないんだ」と、彼は思い直す。
「お前にはただお前だけしかついてはいない。なんとしてでもやるんだ、さあ、いますぐ」

 

フリーランスになってから、誰も頼れない、自分で解決しなきゃいけない、自分で何とかしなきゃいけない…こういう思いで活動してる人は少なくないはず。
自身を鼓舞するために、弱音を打ち消すように、敢えて声に出して言ったこともあるかもしれない。

僕自身も弱気になることは何度もある。今でもあるし、多分この先も。
その度に弱い自分を振り払うため、頭を振り、膝を叩いて立ち上がり、自身に言い聞かせるのだ。
誰も変わってはくれない、誰も手伝ってはくれない、自分でやるしかない、ダイジョーブ、今まで乗り越えてきたじゃないか、今回もきっと上手く行く…よし!

孤独を打ち消すコミュニケーション

また、老人はカジキマグロが骨だけになり、さぞ残念だろうし落胆しただろう。
ところが老人は陸に戻って、思ってた反応とちょっと違った反応を見せる。

老人は陸に戻り「みんな、俺を探しに出たかい?」と少年に聞く。
少年は「ああ。沿岸警備隊と飛行機が出たよ」と応えた。

話をするうちに、話し相手がいるということがどんなに楽しいことかを老人は理解する。

 

フリーランスになると、半ば引き篭もりで孤独に作業することが多くなる。
忙しくない時でも独りで居ることが増え、SNSが唯一、社会との接点みたいになってくる。

音楽やラジオ、テレビを聞き流し、ふと気づくと独り言をつぶやいていることに気付いて凹んだり、面白いことがあっても誰とも共有できずにニヤニヤするだけで終わったり、今日は一回も声を出さなかったなぁ…なんて日も。
フリーランスになるデメリットと言えなくもない。
自由に動けるはずが、スケジュールに縛られ、予定が立てられなかったり、残した仕事が気になって出掛けられなかったり。

老人は海上でたった独りでカジキマグロと格闘し、仕留めたあと、今度は独りでサメと何度も格闘した。
それ以前に84日間の半数以上を独りで漁に出て、不漁で帰ってくる毎日を繰り返した。

さぞ孤独だったろう。想像に難くない。
カジキマグロをサメに横取りされたことよりも、骨だけ残った小舟を仲間の漁師に笑われ、少年とも会話できたことにホッとした老人の気持ちは何となく理解できる。
やっぱり怖かったんだろうし、何より寂しかったんだろう。

この小説は、いろんなことを考えさせてくれる。

みなさんはどんな環境で働いているだろう。
毎日不安の中で、孤独に寂しく作業していないだろうか。
プレッシャーに押し潰されそうなときはないだろうか。
 
もし老人と同じような気持ちの人が居たらTwitterで話しかけて欲しい。
たわいのない会話で救われることもあるし、人は言葉でコミュニケーションを図れるのだから。

これも目的ではなく、上手く事を進めるための手段だと思うわけです。

老人と海

というお話でした。

~ 本文で紹介された書籍をご紹介 ~

Tagged , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA