コラム

近所に住む2匹のカエル ~ 環境の選択

近所に住む2匹のカエル ~ 環境の選択

近所に住む2匹のカエル

歳を重ねるうちに何事にも億劫になる。環境の変化を嫌って現状に甘んじるってこと、みなさんもあるだろう。今回は、変化というお話。

僕は飽きっぽい性格なので、常に変化を求めている。そんな僕ですら20代から30代、40代と徐々に腰が重くなって、徐々に保守的になってくるのを感じる。
良く言えば落ち着いてきたとも言えなくはないが、諦めみが顕著に出てきてるようにも思える。

イソップの寓話に、これに似た2匹のカエルの話がある。

近所に住む2匹のカエルがいた。
1匹は深く大きな池に、もう1匹は道の水溜まりを棲み家にしていた。
池のカエルは「ねえ、きみ。こっちの方が住み心地が良いし安全だから、こっちへ引越さないか?」と度々勧めていた。
水溜りのカエルは「住み慣れたところを離れるなんて、僕には出来ないよ」と断っていた。
そうしていた或る日、水溜まりのカエルは、通りかかった車に轢かれて亡くなってしまった。

水溜りのカエルは変化を恐れるあまり命を落とす結果になった。
環境を変えるのは勇気が居ることだから、水溜りのカエルの気持ちもわからなくはない。

しがらみに縛られる

客観的に見れば、或いは結果を知ってる者からすれば「池に移ればいいのに」って思うだろうが、水溜りのカエルを自分に置き換えた時、みなさんは環境を変えることができるだろうか。行動に移せただろうか。

「住めば都」とはよく言ったものだ。水溜りでも大きな池でも適応できる。
問題なのは、踏ん切りや決断がその時、そのタイミングできるかどうか。

単純に住む場所を変えるということではなく、生活や職場環境、他者との関わり方、将来性などなど、いろいろなことが複雑に絡まってくる。
それらの事が決断を鈍らせる。そしてそれは良くも悪くも、その後の進路に大きく影響する。
一般的にはそれを「しがらみ」と呼ぶ。

現状に不満や不安をもちながら全てを諦めて仕方なく現状を受け入れていたか、そこにポリシーや強い思いがあって留まっていたのか、果たして水溜りのカエルはどちらだったのだろう。
後者であれば気持ち的に少し救われる。そうであって欲しいとさえ思う。
しかし現実社会ではどうだろう。
残念ながら前者のケースが圧倒的に多いだろう。

そう考えると身につまされる。
願わくば自身が納得し、満足できる環境に身を置いて「こっちの方がいい環境だよ」って誘ってあげられる、池のカエルで居たいものだ。

近所に住む2匹のカエル

というお話でした。

Tagged , , , , , , , , ,

About ロキ

江戸下町産。東日本大震災をきっかけに働き方を変える決意をして、半年後に女性制作ギルドQriousを立ち上げ。46歳で慣れ親しんだ東京を離れ、瀬戸内の静かで穏やかな島暮らしをするために移住。行った先で新たなクリエイティブギルド弓削島制作舎を立ち上げて、東京や大阪と島の暮らしを満喫中。メガネ&方言女子が大好物。個人的には懐古的なモノがスキ。仕事ではユーモアを忘れない。
View all posts by ロキ →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください